最近ニュースでちょっとした話題になっている 美女と共にフライト出来るフライトプラン。

キャンペーンは「『東大美女図鑑』の学生たちが『あなたの隣に座って現地まで楽しくフライトしてくれる企画』」。学生が制作する写真誌「東大美女図鑑」でモデルをしている同大の女子学生が、抽選で選ばれた5組の旅行客の隣に座り、旅先の歴史や得意分野の勉強を教えてくれる──という企画で、5月11日にWebサイトで発表した。

HISが企画したナイスなフライトプランですが、経営者目線で見ればこれはアリです。セクハラの批判で取り止めてしまいましたが、勿体ないですね。

この企画を通して考えたいことがあります。

ナナメ上の思考は金持ちに近づく一歩

ライバルと同じ事をしていたのでは勝ち目はありません。ターゲットを絞ってナナメ上からの思考でプランニングしたのでしょう。このプランに飛び付くのはスケベな金持ち層です。

同社も金持ちを取り込みたかったのは明白です。一回のフライトに掛かるお金が同じなら客単価をあげるのは基本でございます。

あなたがもしお仕事でプレゼンしないといけない立場になったり、アフィリでブログをやっていたり事業者であれば、よりニッチなネタを持ってくる。客単価を上げられないか、常識を違う切り口で切り込めないかを検討すると良いでしょう。

ライバルと同じ事をやっても資金力で負けてしまいます。お金持ちになるにはナナメ上思考がものを言います。その意味ではHISの一連の報道はとても参考になります。

金貨サバ