くじと運気、また月の光の力をお借りして運気をアップさせより一層の当選を目指そうというもので、それほどに月の光と運気の関係性というのは、目には見えないところゆえに、非常に高いと言わざるを得ないでしょう。そこで、どうやったら味方にする事が出来るのかを考えて見ますと、月の満ち引きをまず考えて見ます。

宝くじと満月と3の倍数

png;base64b2bb11fde827991a

一番王道なので、満月の日はいつも「3」の倍数の数字のくじを購入しようというものです。諸説ありますが、それだけ満月時の月の力を「3」という数字は非常に高い力を誇っています。3だけでなく3を基本とする、その倍数での購入も非常に良好と言えます。

6と9を上手く組み合わせた数字も良いと言えます。それだけ3を基本とする購入には強い力と意味が宿っていると言えるのです。過去の実績からもやはり高い効果と成果が発揮されている、満月と3の力は覚えておいて損はない組み合わせと言えるでしょう。

満月でない場合でも、その前後を軸としてやはり3を基本とする買い方は有効だと言えます。満月の後ならその「余韻」も残っていますので恩恵にあずかれます。もし、数字やその時の運気にいくらかの不安など感じる事があるならば、満月に標準を合わせてここで購入するぞ!という日を決めておくのも、1の方法となります。

「最近ちょっと運がないな、運気の流れを変えていきたいな」と感じた場合は、こういった集中した買い方を行うことでより強固に満月の恩恵を受けて買い方を変えて見るのも、1つの流れを変えてみる大きなキッカケになることも少なくないで、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

偉大なパワーを浴びる~月光浴

img_0

満月で晴天の夜であるならば、月の光を浴びる、感じる事が出来るのでそういった時に月の光に向けてくじをかざして見るのも、直接的で運気をアップさせるのは良好と言えます。雨の日であったり曇っている場合で満月を見ることなどが出来ない場合でも、その方向にくじをかざすだけでも同様な効果があると考えられます。

雲がなければ、確実にそこに満月は存在するわけですから、それは効果としても同じことなのです。3を軸にした満月関連法、ぜひとも相乗効果での力を期待しましょう。