金運に好かれる手段として、ロトなどで有効な手段として挙げられるものは、まず表題の通り感謝を唱えよということと、そのくじ自体を雑に扱わずに清めて廃棄することが望ましいと言えることです。これはどういったことかと言うと、くじ自体が当たりであろうが外れであろうが、実際に生きているといことです。

宝くじは貴方を見ている

くじが生きている、というよりも厳密に言うならば、数字が生きていると言えます。その当たり外れと言うのは、私たちの世界での価値観にすぎず数字というもの自体に当たり外れもないからです。だから、どのくじにも平等に感謝の気持ちが色濃く必要になってくるのです。よく、外れたくじを雑に扱い放置したり、すぐに廃棄してしまうというのは、そももそ数字を大切に扱っていないので、数字の力を自ら放棄してしまっているとも言い換える事が出来ます。

あなたが購入して一度の縁をもったくじであればその数字はあなたにとって、目には見えない何かしらの縁があるわけですからどうか廃棄する前に、感謝の心をもち「ありがとう」と唱えて下さい。

すると、どうなることと言えるでしょうか、数字はあなたに対し心を開くこととなり、次に会うくじでの数字では、さらに何かしらの縁をあなたと、その数字に与えてくれるのです、そうした力が重なりあって数字の1つ1つを大切にしていると、不思議な力が沸き起こります。

どういった事か、数字同士が団結してあなたに味方してくれると言えます。その1つの力が重なり合って、大きな当選へといっても繋がると言っても過言ではありません。1つの生命同様に数字と言うのは力を持っている、そして生身の生命と変わらず生きているといっても良いでしょう。

もしあなたが、これから宝くじやロトに挑戦するならば、また既に挑戦されているならば、今一度数字に対する見方を変えて見てはいかがでしょうか、きっとあなたにとって追風になってくれるでしょうか。