以前にも取り上げた、大金持ちは質素な生活をする、好むという話の具体的にはどんなことをしているの?という事ですが、やはりまず食事・健康。これは大きく関係してきます。

質素になれ、というよりも『恵に感謝し無駄をしない』というイメージを持つと金運に好かれます。こうすれば自然に質素になっていきます。

旬の物を食する事は開運効果も高い~食べ物は値段ではない

illust1028

あれよこれよとたくさんの種目のおかずも食べないことを基本に、まずお肉よりお魚が主体の食事であることが多いのです。魚は特に季節ごと旬のものがあり、秋ならばサンマなど分かりやすい点も良いです。

旬の魚にはパワーがあり、そのピークの旨みも最高潮のものを頂くことによって運気を分けてもらっている、とも言い換える事が出来ます。そしてなおかつ、最高に美味しい・旨いと言って食べることこそ金運アップに欠かせない方法だとも言われています。

人間界でも やはり波に乗っている人間というのは、非常にパワーがあり魚にも食物全般にも言えますが、季節の旬という最高潮の波のてっぺんにある状態の食材、特に魚ではこの傾向が出やすいとも言われています。

旨い上にかつお財布にも優しい、旬な食材を好み食物からも力の運気をおすそ分けしていただく、という方法であります。

健康とストレス発散~歩くこと

基本的にあと柱となるのがう、よく歩くということ。 これも意外かもしれませんが、大金持ちの移動手段を想像するなら運転手付きの黒塗りの外車で、世間との接触も少なく颯爽と無駄なく移動するイメージです。

しかし、それはあくまでイメージであり特に由緒あるような大金持ちの家系ではこの「歩く」を大事にされてます。

またタクシー・ハイヤーなどの移動手段でいわゆる一般社会でも高価とされるものもお客様、来客があるとき意外はそこまで多用せず地下鉄・在来線やバスでの移歩く以外の動が手段では多いという傾向も顕著に見られます。

rs

日常生活では必要以上の贅沢は好まず 自身のアシや身近な交通手段を利用することによって、無駄な出費は抑えて必要以上に浪費しないということ、に尽きます。金運に好かれる人間はお金を無駄に浪費しません。

神様はあなたのお金の使い方をよく見ています。

海外に行くときなども、時間も正確なリムジンバスで羽田・成田空港などにアクセスするようで、これにも驚かされます。

そして、食材や日常品の買出しなどもデパートなど高級店にはさほど行かない様で、地元のスーパーや商店街で必要最低限の物しか買わず買いだめやストックなども基本的には持ちません。

お届けサービス等いたれり尽くせりのお店も多い中で、やはり地元商店街で消費することにもこだわりを強く持っており、地産地消を好む傾向があるというのも知られざる事実なのです。

必要以上にこだわらない、抱え込まない、あるもの・身近なもので慎ましく生活するがモットーとも言われてます