色んなお金を使う中で、濃密な時間をもっとも多く過ごす家族へのお金の使い方は大事です。
これも機械的になおかつ親だから子供へ使うのは致し方ないというような義務的な使用方法だとさほど開運効果を発揮しないので改めて注意が必要です。

義務感でお金を使わない

これは非常に重要です。お金には良くも悪くも意志が宿るということが周知の事ではありますが、使う人の想いがお金に宿ってしまう、これを改めて理解する必要性があります。

子供のための将来の進学費用だから、これはとっておかないと、というような場合でも、義務的に貯蓄はマイナスの意志が宿ってしまうので注意が必要です。

喜び勇んでお金を使おうというのはよほどの金銭的に余裕のある人々でないと確かに難しいですが、仕方なし感を前面に出さないことが家族間でのお金の使い方のコツといえるでしょう。

関係が近ければ近いほど、マンネリ感はどうしても否めませんがそれを出しすぎない、というところに意識を向けましょう。

お金に好かれるために

1000man8

金貨サバお勧めの方法は親や兄弟に『感謝の気持ちとしてお小遣いをあげること』少額でも大丈夫です。あなたの感謝がお金に伝われば、そのお金は何倍にもなって返って来るでしょう.

恥ずかしいかもしれませんが、家族にも恋人同様にある程度の「愛」が必要になって来ます。全面に出すのは確かに恥ずかしいということもあるとは思います。

しかし、あくまでお金には意志が宿るということをここでも大事にしておいて頂きたく、プラスの一種の愛情が新たな幸運のお金を呼び込んでくれるのです。

お金自体には善悪の区別がつかないので、ある種の人間的で言う潜在意識に似ているところがいくらかありますが、その扱いと同様にしなければなりません。

善悪の区別がつかないゆえに、その気持ちを贈る実際に使う人間である私たちが、しっかりとプラスのありがとう、というような気持ちを贈らなければなりません。

お金はすっかりその意志をまるでコピーしたかのように正確に受け取ってしまうので、非常に注意が必要ではあります。
しかし、それだけ私たちの意志とお金は繋がっていると言えます
どうせお金を使うなら、家族に使うにしても感謝の愛情とこれからもよろしくね、というようなお金との綺麗な共存を見込む使い方の意志と気持ちを乗せることを大切にしないといけません。