幸福を掴むためにはどうすれば良いでしょうか。今回はそんなお話を貴方にしたいと思います。

決断を人任せにする事の意味

決断を人任せにするのは、とても簡単です。道を示してくれる方が正しい考えを持っていればそれは人生の師。大事にするべきですし、傾倒しても良いでしょう。

でも、そうでない事の方が多いと感じませんか?

例えば、何でも親の言う事を聞いてきた、恋人の言う事を聞いてきた、他人が作った”社会”の枠の中に囚われている・・・色々あると思います。他人任せはとても楽ですが、身も心も魂ですら自由がなくなり、したい事も出来ない、言いたいことも言えない。『決断を人任せにする』という事は、現在と未来を他人に『束縛』され続ける事を意味します。

こうなると幸福は中々めぐってきません。幸せがあったとしてもそれは『与えられた幸せ』です。自ら手に入れる幸せとは質が異なります。

ずっと不幸のまま・・思い当たる点はありませんか?

何をやってもツイてない、上手く行かない。今がまさにそんな状況であれば、言われた事をしたゆえだったのかを確認して下さい。幸福の女神があなたに微笑まない原因は『そこ』にあります。

自らの道を切り開く者に幸運の女神は微笑む

2015-05-07_18h55_32

決断を自分でしていくのは辛いです。難しいです。失敗したら誰のせいにして良いか分からなくなるためです。人は不安を嫌います。先が見えないと人は生きていけません。

しかし、不安の中でも自ら決断し答えを出してブレすに進むことで得られる幸福はとても大きなものです。大きな幸福は、自分の道と意志を自分で決める者にのみ訪れます。

不安や恐れがあっても、気にしない

答えを与えられない事に恐れをなす必要はありません。自分で決断しても、しなくても辛いときは辛いものです。で、あれば自分で決めた人生を歩んだ方が良いです。

そこに不安や恐れがあっても、気にしない事です。今日から、あなたは不安や恐れを乗り越えていけます。大丈夫・・・。