高所得者はプラスチック製の安い三文判は絶対に使わぬものです。彼らは実印はもちろん普通の印鑑でも金運を呼び込むために拘りを持ちます。以下は先日メールを頂いた際のご質問です

通帳を作ろうと思うのですが銀行印とか、こだわって作ったほうがいいですか?今まで特に気にしていませんでしたが、ネットだと手頃な値段ですが店舗だと結構お高いですね。

昔テレビのCMで印鑑で人生変わるみたいなこと言ってたと思うのですがそんなもんなのですかね?
あまり気にしていなかったし銀行印実印は大事なものという認識はありますが金運と関係あります?

100円の三文判は開運パワーを注入するのも時間が掛かります。かといって10万20万を超えるような非常に高価な印鑑が一律に良い、というわけでもありません。ここで印鑑の選び方をお教えします。

印鑑で開運する~良い印鑑の選び方

ind_ele01

開運・金運に滅法強いといわれる印鑑があるのをご存知ですか?

素材にこだわり、製作者の彫師にもこだわり、単なるハンコではなく素材は古くから伝わる最高級品質と言われる象牙が特に高い人気を誇ります。

ある老舗大手総合商社の会長は命運が掛かるような大きな取引の際に、「象牙の開運印鑑」を使用したり、持参して取引に臨むそうです。

実際に、印鑑を使用しなくとも運気をあげるアイテムとしてのパワーも凄く高いという事も判明しております。私もそれは肌で感じております。

img_mat08_1

「牛角白」の素材も非常に高価で素晴らしいです。(うしのつのしろ)と言いますが、多くはオーストラリア産の牛の角を主に使用し製作されます。

政界でも、ある重要法案が可決されたときに時の内閣の責任者が調印・押韻する時にこの素材の印鑑が使用されたこともあるそうです。

1010NOT01-60

ちなみに私のお勧めは大変高額ですがインド象の象牙です。インドでは像は神様。とても縁起が良く開運パワーも高いです。

高品質な象牙と画数で宿る財運パワー

素材と彫師の力だけではなく、使用者の名前、すなわち画数をもってさらに開運・金運を上昇させます。

古くより伝わる「姓名判断」の決まりにのっとり、画数から御使用者様の運気をさらに整えることにより、大きなパワーを発揮させます。

hoi2

特に重要視されているのは「八方位」によるもので、才能・金運など大きな商談取引などにも重要性を持つ運気を画数一つ違うだけでも、大きく明暗を分けます。

これらを相乗的に整え、仕立て上げて特に良いとされる5・11・13・15・24・31・32・35という総合画数に調整・目安とさせて頂いております。

材質はもちろん象牙。それも1万円以上する高品質なものがお勧めです。

これらの相乗効果で金運上昇は間違いありません。印鑑こそ拘りをもつ年収2000万以上の高所得層は、印鑑はお金を呼び込むことを知っているのです。

1000man8

あなたも印鑑に拘ってみて下さい。運気も面白いもので、どこで金運が流れ込むか分からぬものですが、運気の流れを操作して金運を引き上げる事が出来ます。

印鑑を使った開運法もしかり。是非お試しくださいあなたにも一攫千金のチャンスはやって来るでしょう