富豪・お金持ち・会社社長が好む縁起の担ぎ方をお話しします。

下着の色で金運UP~赤は勝負事に

6239-5530-2

お金持ち・富豪になるには経営手腕を持つだけでなく様々なゲンを担ぎます。意外と知られていないのが「下着の色」でのゲン担ぎ。

色というのはそれぞれの色彩によって様々な力を持つといわれており、いわば、それぞれの特性があるのです。

富豪・お金持ちと言われる人たちは「赤」の下着をここ一番で使用するということで、難局を乗り切っているのです。

色んな開運のアイテムありますが「色」をうまく活用するというのは、そこまで広く使われていなかったようです。

社長など、ここぞという取引や商品の開発に携わる時など「色を味方」にするという考え方は、古くから使われてます。赤いふんどしを履く、という某有名企業の社長もいます

彼は今もなお古豪の企業として業界に君臨し続けいる実力を持っていますが、根底には「色をお金儲けの味方に」という事があるのです。

身体に身につけるアイテムであれば効果が発揮されやすいという意味で、ファッションとしてのアイテムにもなる「パワーストーン」など、石が持つ力と色の持つ力が合わさるので、なおのこと協力なものと言えるでしょう。

ここぞという社長の大きな商談にはパワーストーンは実は隠れた縁の下の力持ちの存在であったわけです。

51Y2H49DEhL._SX300_

※私も付き合いのあった某企業の社長は、1玉3㎝はあろうタイガーアイのブレスをしており、彼は内ポケから100万の束をポンと出して買い物をしていました。

名刺入れや印鑑でも金運アップ

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

※例えば写真のような黄色い、蛇皮の名刺入れ等は金運がムンムン漂ってきますね。人の目を引くので金運も同時に引き寄せます。

身近な仕事にも関わるようなアイテムだとお財布以外にも「名刺入れ」なども良いでしょう。

富豪・社長は必ず「成約させたい」というような大きな取引ではこういった金運をアップさせる色の名刺入れを使ってさりげなく相手に見せる、などとして効果を発揮しています。

img_mat08_1

「象牙」など素材にこだわった印鑑なども重宝されます。『ここぞという場面で「象牙」の印鑑を使い、数十億の取引を成功させた』・・・このような話は本当によく聞きます。

ギャンブルや商売で!勝負師「食事」とのゲン担ぎ

EFBC91E9A6AC

競馬が大好きで実際に馬主にもなっている社長の豪快なゲン担ぎ方法では、ゲン担ぎは「アイテム」だけでなく自分の身の回りに関わることであれば良いので「食事」にそのゲンを取り入れているのです

何を食べるのかという事ですが「カレー」だそうです。(私、金貨サバ食事のゲン担ぎはぜひお勧めしたい方法です。※私はカレーではなく、関西系のかけうどんを勝負事の前によく食べます)

caption

勝カレーと文字ってカツを入れても良いそうですが、勝負運のスパイスの黄に近いカレーの色合いが非常に「ゲン担ぎ」になるそうで、さらにこの社長は「金粉のふりかけ」をかけているのです。

和食などの料理に古くから「金粉」は使用されますが、これも非常にゲン担ぎとして相性が良いです。

実際にこれらをレース前に食べることによって、幸運の必勝を掴んだり、ここ一番の大きなレースで勝利を収めたりなど、決して侮ることの出来ないアイテム食事があるのです。

また、「お酒」も古くから清めの意味も持ち合わせ、何か大きな事が動く際には必ず付き物とされています。

さらに開運・運気上昇の力を持つといわれる「バカラのグラス」で相乗効果を得るという方法も、金運に好かれたお金持ちの間では流行りの方法です。

様々な掛け合わせ効果で、この社長馬主さんは「G1レース」も自分の馬が制したこともある程の勝負運・金運の持ち主になりました

rivoli1x300

秋の天皇賞・年末最後の大レース有馬記念は「バカラの金粉酒」で必勝を迎え撃ちます。利き手である右手の力石こと必勝の金運パワーストーンも忘れてはなりません。

ゲンはどんどん担ぐべし

お金持ちが担ぐゲンなら、私たちも担ぐべしです。恥ずかしがらず今日からでも実践して下さい。あなたの金運は増々アップしていく事でしょう