51mGb7smY1L._SX339_BO1,204,203,200_

愛沢えみりさんの「キャバ嬢社長 歌舞伎町No.1嬢王 愛沢えみりとしての生き方」をレビューします。ナナメ上の生き方をしてきた人の言葉は面白いです。

彼女自身、相当な営業マンで商才もあるのだと思います。今も相当稼いで大物に可愛がられてもいると、私は感じています。

キャバ嬢社長・愛沢えみり氏の生き方を否定したらお金に愛されない

キャバ嬢、AV女優など女性の一定の職業を聞いて偏見を持つ人はお金には愛されないと思って下さい。あなたはいかがですか?

確かに色々な女性はいます。が、好きこのんでキャバ嬢をやっている女性ほぼ等いません。皆それなりの「事情」を抱えています。まずはそんな女性達の事情、その事情を抱えるに至った「闇」を理解してあげること。

お金に愛される人は職業で人を卑下しません。

頼り上手は成功の元

壮絶な過去を持っている女性は「人に頼らない強い女性になる」と心に決める方が多いです。でも結局はその人にお金を使ってくれたり、愛情を注いでくれる、助言や援助をしてくれるのは「人」です。

愛沢さんは紆余曲折を経て、キャバ嬢としても実業家としても成功。本作の最後の方でスタッフやファン、協力者に「ありがとう」述べています。

人に頼らないと頭から決め込むとチャンスを逃します。人は誰かに頼らなければ生きて行けず、ビジネスも出来ないからです。これは男女で変わりません。ただ女性であれば尚のこと、仕事も恋も往々にして「頼り上手」になる方が、色々な人に可愛がられ得をすることが多いです。

lgf01a201311150300

愛沢さんも、自分をダメだダメだと卑下しながらも、六本木で家賃100万の部屋に社長と同棲していたようです。この時点で既に「頼り上手」だったのかも知れません。

他人なんか信用しない、頼らないとつっぱねる女性に援助するもの好きはいないものです。可愛げがあるからこそ、助けたくなるものです。

自信は自分の手でつかみ取るもの

dsd_1698

絶対的な自信を持つと人とお金は集まってきます。愛沢さんは「自信は人から貰うのではなく、自分で取ってくるもの。キャバクラがそれを教えてくれた」と言っております。

少しずつ評価されて、そのたびに自信を付ける。挫折はあれど、この繰り返しが成功に繋がります。あなたも小さな事もでも良いので何かやり遂げたり、人から褒められたら自信を持ってあげて下さい

徐々に運気も上がっていきます。

総評

とても良い作品です。一生懸命が嫌いで人の道から逸れた女の子が、一生懸命生き抜いて成長し、普通の女性よりも成功してしまったストーリーです。

愛沢さんは普通の人の100倍以上努力し成功を掴まれました。その分心の傷も多く負っているはずです。本書を読み終えた後愛沢さんに「自分のために時間も愛も注いであげて欲しい」という思いで心が満たされます。

なお、現役のキャバ嬢へのアドバイスとして「昼前には起きていろ」「営業は絶対にしろ」の2点を強く書かれています。大いに参考になると思います。

金貨サバ