脱力して出世するコツをお教えします。これは新入社員として頑張っている人に伝えたいメッセージです。

よく、上司に言われた事+アルファで返すのがデキる社員とか言われますよね。私から言わせると『100要求されたら120で返せ』は正しくありません。

そして要求にプラスアルファの期待に応え続けるのは辛いし大変です。そもそも常に120%出来る人はサラリーマン等しないでとっとと独立開業し金持ちになっていきます。大丈夫。あなたはもっと脱力していきましょう。

言われた事を100%、素早くやる

上司や先輩の要求に過剰に応える必要はありません。たまたま言われた事以上のことが出来たらラッキー。これで良いのです。『必ずやらないきゃ』という思いは行き詰まりの原因になります。

0132

もっと簡単な方法があります。言われた事を100%、素早くやること。

例えば朝、翌日まで書類作成を頼まれたら、その日の夜に上げてしまう。期待以上の良い資料作り等は心がける必要はありません。電話番、掃除やお茶汲み雑用だってバカに出来ません。

上司が求めている事だけを『素早く』返してやる。これがミソです。

『仕事が出来る』より『仕事が早い』な印象を持たれよう

117

何回か繰り返すと『仕事が早いな』と印象を持たれます。これが評価と出世に繋がっていきます。さらに上司の求めている事が『雰囲気や空気で』それとなく分かるようになります。すると仕事が楽しくなります。

まず言われた事だけを素早くやり遂げる事。だらだらやってもダメです。この『素早く』が同僚との差を付けます。出世も早まるのは確実。

仕事の質を上げる(期待以上の仕事をする)のはもう少し先で大丈夫です。それに『仕事が早い』という印象は『仕事が出来る』という評価に変化していきます。

上司や周りが見えてきたら一人前

言われた事を正確に素早くやり続けていると周りが見えてきます。課題をクリアしていく過程で上司がなぜこの仕事を頼んで来てるのか等を考えるようになるためです。すると段々と全体が分かるようになってきます。

全体を見渡せるようになれば一人前です。

そして、次第に同僚はもちろん上司の心や言わんとすることを先読みするようになりますので『社内政治』も効率よく出来るでしょう。