15日の大相撲夏場所で横綱白鵬が八連戦。しかし勝ち方がイマイチだったのか、正面ぶつかり合いを期待してた観客からブーイングも飛んだようです。

相撲は勝てばよいのか?お金は儲かればよいのか?

相撲には相撲を支える観客ファンがいて、ビジネスにはあなたを支えるお客がいます。

いずれも「客」を満足させなければ長く稼ぐ事が出来ず、結果的にお金にはなりません。

相撲なら正面からぶつかり、ボクシングならKOで勝ってほしいですよね。スポーツでは勝ちは勝ちなんでしょうが個人競技でもファンを満足させなければ駄目なんです。

あなたからファンが離れたら終わりです。

これはビジネスでも同じ。金儲けならなんでも良いと違法なことして人様騙して儲けても駄目です。

ファンは付かず最悪、警察や税務署から追われることになります。

勝ち負けよりファンの満足度が大事

スポーツの世界では結果が全て。でもビジネスでは売って終わりではありません。「お金」の側面から見れば勝ち負けより大切なのはファンです。負けても応援したくなる選手やファンサービスが手厚い選手は引退後もファンでいてくれます。

s-20140412171602133199

すなわち、引退後に商売を始めても今までのファンがお客になってくれるのです。

メルマガ読者様にはアスリートやプロ選手もおりますが、引退後を見据えてお金に困ることが無いように勝っても負けても

とにかくファンは絶対に大事にするようにアドバイスしています。

ビジネスなら顧客一人一人を超大切にすべし

目先の利益を追うより後先を考えて損して特とれの精神は常に持っておくこと。あなたの顧客がファンに変われば、たくさんお金を落としてくれるからです。

スポーツでもビジネスでも顧客満足度をいかに高めるか。とても大事な話です。

もちろんお客は選ばないと駄目です。サービス内容でお客を選別できるなら良いのですが、例えば介護や医療。

価格差が生まれにくく同じサービスを提供するなら好意的なお客をもてなした方が良いに決まっています。

 

以上まとめますと、ファンは大事にする者こそ人にもお金にも愛されるのです。間違いありません。

金貨サバ